ホテルマンが綴る、男ひとり旅

お一人様でも快適に過ごせる、高級旅館・ホテルを求めて旅に出ます!

【熱海旅行】オーベルジュ フォンテーヌブロー熱海 ステイケーションで新客室レビュー

久しぶりに行って参りました、一人旅!
ワーケーション、ステイケーション、調査を兼ねて…
今回のブログでは…
宿泊業界に居る情報網を活かし、今回は2021年1月新客室オープンのお宿のチョイスです。
スタッフさんも話しかけやすく、一人旅しやすい宿でした!
おかげで色々聞けました♪
 
  • フォンテーヌ・ブロー熱海とは?
  • 部屋の様子ご紹介
  • 食事のご紹介
  • まとめ

フォンテーヌブロー熱海とは?

全12室、オーシャンビューの館内に泊まり、海の癒しから活力を得て欲しい。
そんな思いの込められた静岡県熱海市、伊豆の入り口にあるオーベルジュです。
東海道新幹線には熱海駅があるおかげで、アクセスは抜群に良いエリアですね! 
熱海駅からJR伊東線に乗り換えて2駅、伊豆多賀駅で下車したら、宿まで送迎してくれます。
予約が必要なのでご注意!
 
オーベルジュ(泊まれるレストラン的な意味)だけあって、料理は抜群に美味しいです!
尚、今回泊まったスイートルームJARDIN郭 102のお部屋からはあまり海が見えない仕様ですが、
新しい部屋以外の客室はオーシャンビューの様です。
 
以下食事メニュより一部抜粋…
想いを形に…
私たちフォンテーヌ・ブローは、箱根(大地からのパワー)熱海(水の恵み)
その共通の「自然」の恩恵と人の共栄による穏やかなおもてなしを目指しています
海山川湖の幸に恵まれた熱海のお食事をお楽しみ下さい
 
送迎車がよくある高級ミニバンではなく、あえて電気自動車なのも理由あってのことかなと思いました。
また、静岡県や伊豆は本当に食材が豊富な環境なので食事も期待できますね♪
 
それでは行ってみましょう!
 

部屋の様子ご紹介

f:id:hitoritabi_mens:20210106172034j:plain

ミニマルにまとめられた部屋はノイズが少なく、正に滞在型ホテルって感じです。
南熱海はあえて出かける必要もないエリアなので、ひたすら籠る。
それでいいんです。
私は1人ですが、パートナーとの時間を堪能できる部屋だなと思いました。
 
65インチくらいの大きなテレビも壁に付いてます。
(写真の左手にあるのですが切れてる…)
ベッドは初体験のエアウィーヴ
固さが絶妙で快眠出来ました!
(他の有名メーカーはホテル用の量産品を安く出してくれるけど、エアウィーヴって割引効かないんで導入してるとこ少ないんですよね(^^; )
ふわふわモフモフの柔らかベッドは気持ちいいしラグジュアリー感あるけど、
快眠取るならこの固さ一択。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106172543j:plain

説明はありませんでしたが、テーブルがカッシーナです!!
(家具や備品のメーカーを調べる癖は職業病です)

f:id:hitoritabi_mens:20210106162149j:plain

洗面兼脱衣場から、シャワーブースを抜けて露天風呂へ。
ここ、一瞬で虜になりました!
迫力ありますね!
 
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162106j:plain

もちろん源泉掛け流し100%
塩分多く、保湿、保温共にかなり高いです!
成分表を見たところ、正確には網代温泉と多賀温泉の混合泉とありました。
南熱海温泉と聞きましたが、通称この様な呼び方なのかもしれません。
湯に浸かると、海水浴をしてる様な浮遊感があります!

暖かなシーズンなら温泉に入って、そのままバスローブ羽織ってテラスでくつろぐのも気持ち良さそう。
写真切れてますが、竹が2本ずつ置いてあるところは足湯になっています。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162139j:plain

お部屋のコンセプトにもなっている Jardinとは「庭・小さな森」を意味していて、
伊豆の山々に自生する植物をメインに植栽されています。
この緑もひとり占め。
都会で生活していると本当に緑を見る機会が少ないので、癒されますね!
小さなガーデンを眺めながら入るお湯…贅沢な時間です。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162246j:plain

夜は視覚的に情報を遮られる分、
源泉が流れ落ちる音、ライトアップした光のいい雰囲気を堪能できます!
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162212j:plain

BOSEのコンパクトスピーカー、バルミューダのケトルがお洒落。
好みの音楽での演出や気分作りは重要なのでBluetooth接続可能なのは嬉しいですね。
私も終日JAZZ流しながらお仕事していました。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162221j:plain

 お茶、紅茶、コーヒーも静岡県産や近場で焙煎したものです。
拘りを感じますね!
 

食事のご紹介

f:id:hitoritabi_mens:20210106162302j:plain

冒頭で一部抜粋して紹介させていただいたコンセプトはこのメニューに書いてあります。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162306j:plain

「鰹 柘榴 柚子」
ジュレの下に大葉、柚子、ミョウガの香る鰹のタルタル。
和と洋が融合した新感覚に、次の一皿が楽しみになります!
シャンパンとの相性もバッチリ👍
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162311j:plain

「太刀魚 酪」
この鮮やかなビジュアルで出てきた瞬間心奪われたました。笑
旬の太刀魚はフワフワで、色々な食材が一皿に乗っているので一口毎に違った味わいを楽しめました。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162315j:plain

キッシュ 「伊豆鹿 茸 薄荷」
赤ワインのソースとキノコを使ったソース。
キノコのソースは旨味が凝縮されて味わい濃厚!
ジビエの独特な臭みはありません!
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162329j:plain

「金目鯛 粕汁
金目鯛は火入れが絶妙で、生の様な火が入っている様な…シェフの職人技ですね😉
鍋をイメージした一品との説明も。
発想が予想外で驚かされた一品でした!
フランス料理を食べていながら、和のエッセンス、伊豆というローカルなエッセンスが必ず何処かに隠れていて、日本人が作る、日本で食べる、日本人の為の料理なんだなと思いました。
食べた後、必ずここ熱海に居ることにしっかり帰って来れるお料理の数々でした。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162334j:plain

「国産牛フィレ肉の低温ロースト 蓮根 茄子」
 
ソースから微かに香るワサビ、付け合わせのナスからは麹を連想させる香り。
ここで衝撃的だったのはお肉の塩加減。
以前、とあるレストランの巨匠に、肉にしっかりと味を乗せられるコックは意外と少ない。そんな一言を聞いたことがあります。
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162338j:plain

ラニテ 「ポムマティーニ
お口直しの一品です!リンゴとカルヴァスを使いマティーニをイメージした一品。
アルコールは入っているかな?
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162342j:plain

「Texture Croustillant Croquant Moelleux」
レモン、コーヒー、ホワイトチョコレートのナイスマリアージュ(^^)
甘過ぎないコーヒーアイスがGOOD!
しっかりコースを締め括ってくれました♪
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162348j:plain

「コーヒー、紅茶、ハーブティー ミニャルディーズ」
 

f:id:hitoritabi_mens:20210106162353j:plain

朝食も豪華でした。

まとめ

ミニマルで洗練された空間でノイズが少なく、めちゃくちゃ仕事が捗りました!
リゾート気質も強く、シティホテルでステイケーションするのとは違った楽しみがありますね(^^♪
気になるネット速度も…
233.4
Mbps(ダウンロード)
195.6
Mbps(アップロード)
申し分ない速度です!
自宅や事務所より早かったです。
 
客室が少ないため、1人でダイニングで食事をしていても気にならなかったです。
(気になっても堂々としてればいいんです)
この日はシングルユースは私だけでしたが、多いときは2,3組いらっしゃるとか。
気さくなスタッフさんも多く、色々お話し聞けました♪
 
リラックスしながらもアドレナリンがバッチリ分泌される様なので、クリエイティブなお仕事に良さそうです!
そして、ワンランク上の男感を味わえます。笑
チェックアウトも11時のため、朝食後にひと眠りするもよし、一仕事するもよしで使い勝手は良いです。
大切な人や家族との旅行、ビジネスユース、どちらもいけると思います!
なんといっても、東京から新幹線で1時間ちょっとで来れる、近過ぎず遠過ぎずなアクセスの良さがポイントです。
熱海駅やお隣の三島駅小田原駅辺りは東京、名古屋に務める新幹線通勤のサラリーマンも沢山住んでいますからね!)
東海道新幹線熱海駅からローカル線に電車を乗り換えるのも、
これ一つで旅行気分がグッと増した気がします。
 
ステイケーション、けっこう癖になってます。笑
 

他のお宿さんは民泊、ホステル、大型ホテル等の低価格帯こそ人員効率(1部屋に数名入れて売り上げを重視する考え方)優先されがちですが、2万円以上の宿になってくると単価も取れるので、お一人様料金が設定されていたり、ひとり旅プランが販売されている可能性も高くなります。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

 

※下記のリンクからは直接、フォンテーヌ・ブロー熱海公式HPにアクセスできます。

fontenu-atami.com

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村